ゼナドリンで肉体美をゲット|自信も手に入れられる

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

体調に合わせて選ぶ

お腹

腸が動いていない人

便秘薬にはいろんなタイプがあるのですが、選び方を間違ってしまうと、まったく良くならないといったことにもなりかねません。そこでおすすめしたい選び方があるのですが、それは自分の便の状態に合わせて、その都度便秘薬を使い分けていくということです。朝起きても、食事をしても、軽い運動をしたとしても、一切便意を感じない人がいるのですが、これは腸が動いていないことが考えられます。このような場合は、腸の粘膜を刺激する便秘薬がおすすめなのですが、これにもいくつか種類があります。初めて使う人におすすめしたいのは、効果の緩やかな便秘薬で、もしも使用して腹痛が起こらなければ、少しずつ強いものに変えていくと良いでしょう。

乾いている場合

数日に一度くらいは便が出ているものの、コロコロとした乾いたものであれば、腸の中に水分が足りていない証拠です。水をいつもよりも多く摂るのも良い方法ですが、それでも改善しないのなら、おすすめはマグネシウムという成分が入っている便秘薬です。腸内の水分を増やすことができるため、即効性には欠けますが、ある日突然、驚くような量がスルリと出て来るといったことが期待できるのです。肛門から液体を入れて、腸の中に溜まっている便を柔らかくする浣腸や、固形の薬を使う座薬というものもあるので、いろんなタイプを試しておきましょう。ただし、いずれの方法も繰り返していくうちに慣れて効果が出なくなるため、一度使ってしばらく様子を見て、自力で出せるかどうかを確認しながら、根気良く取り組んでいくのがコツです。